週末頭痛とは

平日のストレスから解放された週末におきる頭痛のことを週末頭痛といいます。金曜の夜から土曜にかけてあったりすることが多く、月曜には何事もなかったように治っている症状です。それもストレスが高った週ほど週末頭痛は痛いらしいです。
ハードな仕事や大きな悩みから解放された時など、緊張が解けてほっとしたとたん、それまで抑えていたストレスが一気に噴出し頭痛が始まります。ストレスがかかっている最中は緊張によって収縮していた血管が、リラックスする事によって拡がる為に起こる頭痛です。
しかし、最近はハードな仕事をしているわけでもなく、悩みもないのに週末頭痛は流行しているようです。やはり対人関係などのストレスが大きいのでしょうかね。

週末頭痛は片頭痛

この週末頭痛は、普通の片頭痛のようです。つまり片頭痛の薬を飲めば症状を和らげることができます。
片頭痛の前兆として、視野の一部が暗くなり、その部分にきらきらとした光やまぶしいぎざぎざの線が現れる閃輝暗点と呼ばれる症状があります。その20〜30分後に激しい頭痛が起きることが分かっているので、この前駆症状がある人は、この段階で薬を飲むのが効果的のようです。
片頭痛の痛みには、エルゴタミン製剤やアスピリンがいいようですが、医者や薬局で片頭痛の薬といえば処方してくれるでしょう。

片頭痛の特徴とメカニズム

片頭痛は、思春期から40歳代までの女性に多いの女性に多いようで、月に数回発作的に脈と同じリズムでズキンズキンと頭の片側、または両側が痛みます。それにともない、吐き気、おう吐、光過敏・音過敏があります。
片頭痛のメカニズムとしてもっとも有力なのは脳内の血管が広がって、脳細胞を圧迫するので頭痛がするという「血管説」です。血小板が作るホルモンは血管を収縮させる働きを持っています。このホルモンは、緊張した状態では、血管内にたくさん放出されているものの、ストレスから解放されると急激に減少します。この変化が頭痛の引き金になるのです。

スポンサードリンク